引越し業者

【エスラインギフのスワロー引越便】引越し時の不用品を回収・処分してもらいたい!

「引っ越し時の不用品回収サービスについて知りたい」

「不用品回収サービスで、どのようなものを回収してもらえるのかがわからない」

「不用品回収サービスを利用する際の注意点を教えてほしい」

このような引っ越し時の不用品回収サービスについて知りたい人向けに、サービス内容と回収してくれる不用品・回収してくれない不用品について、紹介していきます。

サービスを利用する際の注意点についても解説しますので、参考にしてください。

エスラインギフのスワロー引越便の不用品回収サービス内容

不用品回収サービスに対応しているかどうかは引っ越し業者により異なりますが、エスラインギフのスワロー引越便では、不用品回収サービスを行っています。

家具・家電の設置サービスを提供しており、その一環として不要になった家具・家電の引き取りを依頼することが可能です。

別途リサイクル業者に委託すると、日程が合わずに引越日に来てもらえない可能性がありますが、エスラインギフのスワロー引越便であればその心配もありません。

お見積りは、電話・ホームページから行うことができます。

リサイクル品目の家電の回収

エスラインギフのスワロー引越便では、家電リサイクル券を導入しており、洗濯機・エアコン・テレビ・冷蔵庫のリサイクル品目の回収に対応しています。

家電リサイクル券は、通常郵便局で入手する必要がありますが、エスラインギフのスワロー引越便ではその手間が不要です。

スワロー引越便(株式会社エスラインギフ)

-所在地           〒501-6013  岐阜県羽島郡岐南町平成4丁目68番地

-お問い合わせ  058-246-2285(引っ越しサービス)

-ホームページからは、専用フォームでの見積も可能です。

-全日本トラック協会認定「引越優良事業者認定」取得

-事業目的        貨物自動車運送事業、種貨物利用運送事業、産業廃棄物収集運搬業など

-東日本・中部・西日本の3本部と、全国各地に38支店を開設しています。

エスラインギフのスワロー引越便で回収してくれる不用品

エスラインギフのスワロー引越便で回収してくれる不用品について、ホームページには以下の記載があります。

  • 洗濯機・エアコン・テレビ
  • 冷蔵庫(リサイクル品目)
  • 便座、電気温水器、食洗機などの家電
  • タンスなどの家具・配達時の不用品、廃材

また、一般的な不用品回収業者では、植栽・土・コンクリートブロックなどのガーデニング関係用品も引き取ってもらえる傾向にあります。

このような不用品を処分したい方は、見積りの際に回収が可能かどうか問い合わせてみるとよいでしょう。

エスラインギフのスワロー引越便では回収してくれない不用品

エスラインギフのスワロー引越便で回収してくれない不用品について、ホームページには明記されていません。

回収してくれるかどうかわからないものについては、見積りの際などに直接問い合わせて確認するのが確実です。

一般的に不用品回収業者でも回収が難しい傾向にあるものとしては、以下があげられます。

  • ガソリンや灯油、医療機器などの危険
  • 生ごみ

ガソリンや灯油は引火の可能性があるため、引き取りが難しい傾向にあります。これらを処分したい場合は、お近くのガソリンスタンドに相談してみるとよいでしょう。

注射器などの医療機器はウィルス感染のおそれがあるので、同じく引き取ってもらえない可能性が高いです。これらは、専門の回収業者へ依頼することをおすすめします。

また、食品・液体・汚物などの生ごみ類も、一般的に回収が難しいとされています。生ごみは、通常の燃えるごみの日に出して回収してもらうようにしましょう。

エスラインギフのスワロー引越便で不用品回収サービスを利用する際の注意点

エスラインギフのスワロー引越便で不用品回収サービスを利用する際の注意点は、回収費用についてです。

不用品の回収は行っていますが、あくまで処分を有料で代行してくれるサービスなので、見積の際に金額を確認しましょう。

また、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などのリサイクル品目は、処分費用のほかにリサイクル料金も発生しますので、ご注意ください。

引越しで出た不用品の処分は不用品回収業者に依頼しよう

いかがでしたか?この記事では、以下のことについてご紹介しました。

  • 不用品回収サービスの内容
  • 不用品回収サービスで回収してくれる不用品
  • 不用品回収サービスで回収してくれない不用品
  • 不用品回収サービスを利用する際の注意点

引っ越しで出た不用品の処分を不用品回収業者に依頼する際は、これらのポイントを押さえておくとよいでしょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。